読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い林檎、硝子のスープ

読書・ゲームなどの感想を書いていくです

激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団 簡易レビュー

 

 

正直酷評しますが、前作で自分がいいと思っていた点をほとんど削除されたらそりゃそう思いますよ正直。私はねぷUをおすすめします。

 

astin.hatenablog.com

 

前作でほめた点をとりあえず。

草刈り:アクションとしては特段言うべき点もない妥当な作りだったはずが、敵が無駄に硬くなったりあんまり沸かなくなっているので草刈りとして残念な出来になっています。まあこれ自体は好みの問題で、敵の攻撃を避けつつ戦うのはそれはそれで楽しい。うん、求めてるものじゃないだけです。あとロックオンがひどすぎ。

衣装破壊:最初はできなかったっていうか今のパッチでもコスチュームでしょないわー

やりこみ要素:これはまあマルチ悪くないし収集要素もあるので嫌いではない。ただ、キャラ変えただけで別イベントと言い張るのはNG

ビューモード:これは変わってないのですばらです。さすがに前作の一番の売りを消すことはしなかったようで。一安心。

 

ダメ押しのようないまいちマルチや敵キャラの魅力のなさはひとまず置いておきましょう。それでも前作のほうが良かったと断言できてしまうのはちょっときついものがあります。

 

良かった点も確かに結構あるんです。

ストーリー:思いのほか出来がいいというか、中身がないわりにキャラ同士の掛け合いは悪くなかった。もともと期待してなかったけどその程度の期待は超えてくれる程度の出来ともいう。楽屋トークもまあまあ。

キャラ:うずめかわいい

セーブ:C2があった前作と違いエラーはなかったものの意識してセーブさせるつくりとセーブがすごく早いのは好印象。

ちゃんと動く敵:ポップしたまま動かない敵が減っている、というか土管がいないだけか…

ボス:ボスの元ネタは最悪ですが、あのボス自体は若干強いくらいのちょうどいいボスだった気がします。元ネタが元ネタだけに若干いじりが丁寧だったんですがそれも含めて元ネタを馬鹿にしている感じが出ていてよかったです。

 

そもそも本編でも若干取扱いに困っている感じのするブランを主人公に据えたのはよかったと思います。ブランの魅力もやっとわかりましたし(割とキレ芸が少なかったのも好印象)。無難な出来といえばそうなんですが、その無難ができないねぷねぷが割としっかりサブキャラしてたので無難になったといいますか。こういうのもスピンオフ系の作品としてはいいと思いますね。

 

(タムソフトちゃん完全に持て余してたよなぁ……)