読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い林檎、硝子のスープ

読書・ゲームなどの感想を書いていくです

アルノサージュ5時間トライアル感想

〜差し障りの無い範囲の感想〜

<ボリューム>

 内容以外の部分。5時間ガッツリ本筋だけを追ったというのにphase1終了までに5時間近くかかったのでボリュームはかなりある。禊会話とかジェノメトリクスとかちゃんとやると1章だけで普通に10時間以上かかるかと。調合イベントも結構ありそう(ただ話しかけるだけでイベント発生×3とかざらにある)だし、ボリューム面では全く心配なし。

<バトル>

 バトルはノーマルだとかなり簡単だと思う。ボス戦は戦い方をミスってちょい苦戦したけどそれも戦い方がわかってくれば全く苦労しないし。雑魚はボタン連打でもほとんど相手のターンに回さず倒せる。

 防御は相手の攻撃が何種類かあるのでどれが来るかを判断してダメージ判定時にガードするようにする、どちらかと言うと格ゲー的なもの。というか完全にアルトネリコ2

 まあ、アルトネリコ2の正統進化型という感じです。あれよりもう少しわかりやすい気がする。

<全体として>

 期待通りの作品っぽいです。今のところは期待以上だったし。ただシェルノサージュアルトネリコ、どっちかやってないと、設定厨的なノリについていけなくなる可能性があるかなぁとは思う。どっちもやってなくてもなんとかなるけど序盤意表を突かれすぎて流されていく感じがする。デルタが記憶喪失なのでそっち側に感情移入できるといえばそうですが。というか恐らくデルタはそのために作ったキャラだと思います。

 とにかくアルトネリコ3に望んでいたことはこれだ、というのが節々に見られるので凄く楽しいです。シェルノサージュやってるとまじでワクワクします。ロードも少ないしバグもなさそうだし。

 

 

 

〜以下ネタバレにつき注意〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <シェルノサージュのネタバレ激しい>

 結末わかっちゃうじゃないですか! 七支全員で協力して謳ったとかCOSAL封印したとか星を潰して行こうとしたけどネロのせいで失敗して潰したのにグランフェニックス計画遂行できず結局ソレイルでコールドスリープ入ったとかカノンさんの菩提命王はイオンが名づけたとかネイが皇帝になったのはイオンに頼まれたからとかキャスがヒトガタになってるとか! あーいってて酷いネタバレだなって思う。

 まあそもそものところでゲームの最初にラシェーラの運命は教えてくれるんだけど。ここまで細かく説明されるとは思わなかったです。まあそれに至るまでの「なぜなのか」の部分が全く明らかにならないので面白さが損なわれるわけではないのだけれど、もったいないなぁと思う。

 

<詩魔法>

 phase1ではキャスのシェルンプロテクタとイオンのクラスシェルノサージュ(謳ったかどうかちょっと自信ない)、カノンのCOSAL降ろしのためのヤルフィーネ・ノイアとネイのシャール殺しの曲(どっちだかわすれた)だけかな。カノンがもう一曲謳ったような謳ってないような。phase2のタイトルがエクスフィア・ノサージュだったので恐らくphase2のラストでジルが謳うんでしょう。と思ったけど案外phase2でシュレリアが謳ったりするのかもしれない。あんな詩謳うキャラじゃないけど……

 どれもバトルがあるのでバトル中に謳ってるふうでなかなかいい。ただシェルンプロテクタ中に戦闘詩魔法謳ってるんだけど大丈夫なんだっけ設定的に。

 

<ジェノメトリクス>

 ぶっちゃけ、イオンちゃんのジェノメトリクスちょっとショックではあった。まあそりゃあ端末越しだから信用されてないと言っても間違いではないけどここまで拒絶されるとは。結婚してるのにー。とはいえ難易度高いし攻略してやるっていう熱意は持てたけどね。

 キャスのほうはかなりコスモスフィアでよくある展開だった。深層領域から登ってくるキャラとかもまえ誰かのコスモスフィアであったよね確か。大事だから金庫に閉じ込めるとかも。初心者向けというのは確かかもしれない。

 

<時系列が面白い>

 半年前隔壁が開いて、序盤デルタサイドを操作してクオンターヴへ侵入したり途中で天領沙羅の近くに落ちたり。で捕まって「2年」経過する。その間にサーリがイオンにシャールを送って記憶を修復、脱出させる。そしてイオンは惑星に落ちる、と。

 2年のはじめにカノンが目覚めさせられてジルに唆されて天領沙羅の領主やってたりするのもここで「2年」があるからこそで、2年経過することを知らずにイオン側を進めることになるのでカノンがなぜ領主やってるのかとかがわからなくて気になるようにできてる。上手い。

 あと2年という間があるからこそのネイとかの微妙な心境の変化も感じられるし。

 

<序盤デルタサイド>

 キャスとデルタのプライム(プラム)との想い出から生まれたプリムっていうのは納得したしうまかった。

 カノン登場は予想外だったし、あと謎のドクターレオルムさんもきになるところ。個人的にはレナルルさんじゃないかと思ってるんだけど。イオンの現状とか把握してるあたり、ソレイルの管理者であるレナルルさんくらいしか思い当たらない。白鷹はわからないけど。

 そういえば七支のうちこの二人だけ全く行方がわからないのは気になる。別のことをやってるのかそれとも。

 あとこれはまあガストちゃんだから仕方ないけど展開が安易というか警備が手薄すぎるというかあれなのは。気にしちゃいけないかな。

 

<イオンちゃんの現状(2年前)>

 やっぱりジルかよ!というのが正直な印象としてある。ネロも。ここからいきなり切り替わってイオン側になるので、案外ザッピングとしては自然だったかもしれない。

 

<イオンちゃんの部屋>

 爆発してました。なんでだろうみたいなこと言っててなんでだかわかんないあたりなんでなんでしょう。2年近く過ごしてきた部屋が爆発してるのはちょっと悲しいです。理由とかはいおんちゃんのジェノメトリクスで教えてくれたけど。

 

<ねりこさんの正体>

 ねりこさん! あんたアストロサイト・モジュラトリ・ウィルスやったんか!

 うん、だいたいわかってた。とはいえちょっと斜め上だったけど。そもそも端末をそのままにしといたりしてるあたり、イオンの世界を脱出することはわかってた感じがする。完全にイオンちゃんに情が移ってるよねねりこさん。

 

<アーシェス……>

 じつは一番気になるところかもしれない。アーシェスがまんま現実世界に存在するのはなぜなのか。ガーディアンと同型種ってだけじゃなんか納得行かない。なにかありそうな。

 

<タットリアもシャール>

 なんかまだありそうだけど。いくらなんでもあんなに適当なシャールあるわけない。というか設定的にシャール=ジェノムなのでテレくんだったりするのかな。さすがにないか。

 

<主人公同士の対決>

 あるとは思ってたけどまさかこんなに序盤だとは思わなかったです。アーシェスかっこいい。

 

<マイクロクェーサー

 これもけっこう当然のように出てきてとくに言及がなくサラッと流されたけど、マイクロクェーサーがあそこにあるっていうのはジルが利用してたってこと? それだとかなりモチベーション下がるんだけど。

 冗談はともかく、フラスク流体室にあったマイクロクェーサー、多分後半の物語で使うんだろうな。

 

<おネイさんとイオンちゃん>

 頭ん中お花畑娘は最高ですね。でもそんなイオンちゃんに対するおネイさんの複雑な想いは崩壊編4幕を御覧ください(唐突な意味のない宣伝)

 

<カノンさんとCOSAL>

 なんか皇帝編2幕でかっこ良かったCOSALおじいちゃんが憎しみにとらわれて歪んじゃった感じでショックです……。まあああまで信じていた人間たちに裏切られたんだろうから仕方ないとはいえ、COSAL自身が恨みつらみで鬼になってる気がする。そのあたり突っ込まれるのかな。

 とはいえCOSAL実体化はちょい予想外。あんまりおじいちゃんじゃなくて無駄にかっこいいし。天領沙羅の領主がカノン「といわれているが」となってたのはつまりはphase2からはCOSALが領主になってるってことだったのね。

 

<シャラノワールの森>

 設定資料出してきてみたら”異世界の生命との邂逅”なることばがあって。きになる。

 

<メタ的な>

 メタというより七次元先のプレイヤーを意識させる構造というか。それ以上にデルタが俯瞰視点ぽいものを使ってたり、キャスのパンツがイオンのかばんから出てきたり、イオンたちが手に入れた割符をデルタたちが持ってたり、プレイヤーが干渉してることが明確にシナリオに入ってくるのは珍しい気がする。