読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い林檎、硝子のスープ

読書・ゲームなどの感想を書いていくです

2013年のゲームをふりかえる

〜1月〜
<ファンタシースターオンライン2
(vita) Cβテスト

 ぶっちゃけCBTで満足しすぎて飽きたっていうのはある。否定出来ない。レベル上げたりするのが地味に楽しい。

 

〜2月〜

ファンタジーライフ

 これやったのこんな最近か。MMOをやった今となってはそうとは思えないが、オンラインゲームのオフラインでの具現化、と思ってプレイしてたな。シナリオはぐっだぐだであんまり良かったとはいえないけど、地道に材料手に入れて料理作ったりするのは楽しかった。

 

<限界凸騎モンスターモンピース>

 新作のこすってつまんでパンツを穿かせるRPGには期待してるけどあれどちらかと言うとアガレスト戦記なんだよなぁ。これの要素も少し入れておいてくれると嬉しいけど無いだろうなぁ。

 案外丁寧に作られたカードゲームで、コンパイルハートのゲームでは一番システム的な出来はいいかもしれない。素直に脱がせるだけでは弱体化するカードがあったりして。オンラインが微妙すぎて直ぐに人離れちゃったみたいだけど、出来は良かった。シナリオは糞。

 

メタルギアライジング リベンジェンス

 ラスボスがギャグだけどよく考えたらメタルウルフカオス的だな。

 いつものプラチナゲー。ガワだけメタルギア。でもガワがましなだけまともになってる。それ以上でも以下でもない。

 

デモンゲイズ

 口コミで始めたけど予想以上におもしろかったDRPG。世界樹の迷宮より大味なんだけどいろんな組み合わせが楽しめたり、ダンジョンギミックがおもしろかったりで、凄くびっくりした。

 まあとはいえ今となっては迷宮クロスブラッドと比較してあまりギミックが多くなかったり、レアドロップの仕様が悪かったりするのはもったいないなぁと思う。でも文句なしに面白い。UIもかなり便利になってるしね。

 

〜3月〜

<閃乱カグラSV>

 脱衣アクション。想像以上に素晴らしい変態ゲーで、対戦要素もあるのが特に良かった。パンツを集める要素が必要だったかしらんけど。全裸はやり過ぎや。

 

<AKIBA'S TRIP PLUS>

 2をやったあとだとやっぱりこのゲームは良ゲーだったんだと感じる。シナリオが凄く良かった。2は手抜きすぎ。

 

God of War :Ascension>

 スケール感が微妙になった感じがある。三部作で完結したのだから、わざわざこれを作る必要はなかったと思う。オンラインはなかなか面白かった。

 

テイルズオブハーツ(CG)、テイルズオブハーツR>

 ハーツRは文句なしに面白いと思うんですがねー。どうもいまいち売れなかった感じが。売れなかったというかイノセンスRの出来がイマイチだったというか。

 もともとの2Dのときのアクションが好きだっただけに、3Dはあまりすきじゃないんだけれど、それでも出来自体はすごく良かったし、おもしろかった。物語も結構しっかり作られてたし。イノセンスRではかなり出張ってきた割にメインシナリオでは空気だったりよくわからない状態だったトライバースキャラ、今回はうまく扱えてたと思う。もうちょっと達観してないキャラだと良かったんだけど、そもそも今回のPTは幼いしなぁ。

 

〜4月〜

Fate/EXTRA

 ものすごくペルソナっぽいUIで敬遠してたけど全然違った。物語自体が凄くシンプルで、キャラで持たせるゲームだったけど、ここでの基盤があったからこそのCCCだと思うと良作。聖杯戦争アレンジもし易いんだなぁとか。

 

これ以降はブクログから

astinの本棚 - 2013年01月~2013年12月 (36作品)
 非常に出来が良かった印象。というか、どちらかと言うとエクストラでやって欲しかった部分が全部注ぎ込まれた感じ。基本的な骨子がエクストラで完成されてたからこそのファンディスクのような本編だと思う。とはいえバトルとかはもう少し洗練して欲しかったなぁとは思う。先読み系バトルも2度やると飽きる。
 キャラがとても良かったというね。ラスボスはそんなに好きじゃなかったけどネタキャラとして至高だった。あれはない。前作キャラはしっかりキャラ崩壊させるし、そのあたり抜かりなかった。シリアスとギャグのバランスも適度。
 
 CCCと同時並行で進めてたわけだけれど、長かったんでこっちのストーリー覚えてないやもう。流石に名作と言われるだけあっておもしろかったし、設定の秀逸さを再認識した。「一度やっておきたかった」というだけのゲームではあるので印象があまり強くないのかなぁ。あ、VITA映えする。

 
 ララ・クロフト版アンチャ感は確かに否定出来ないけど、ある程度オープンワールド系になってて、トゥームを探すとかいうパズル要素があったりでそういうのはおもしろかった。ただ中途半端ではあるなぁと思う。全体的にアンチャの魅力であるB級映画的な会話の魅力があまりなかったのが残念。
 
 
 UIは最悪。ただ、デモンゲイズより断然おもしろかった。物語は続きものなので何とも言えんけど、ダンジョンの多彩さ、レベルデザインの適当な割にかっちりとしたつくり、クリア後のサブブラッドさえ工夫すればなんでもできる感。見事。ただやっぱりUIが致命的かなぁと。そのあたりはデモンゲイズである程度改善されて、オペレーションアビスで更に改善されるかなぁと凄く期待しててのにサイバーフロントェ……
 
 
 
  おもしろかった、がいかんせん古い作品な上結構ロードがあったりで辛かった。ただ「雰囲気」が凄く良くて、なつやすみが終わってしまう切なさが存分に味わえた。4やってそのあと2、と思ってるんだけど未だに4をクリアできてないという。一回ミスってセーブせず電源切っちゃったせいでやる気が……。
 
特殊報道部
読了日:05月20日
評価4
 
 PS plusでダウンロード。もともと気にはなってたけど買うほどではないかなぁというゲームだったのでワクワクしながらプレイ。都市伝説という題材自体はとても良くて、それ自体の調理は悪くない。不気味な話が多いのもいい。企画書によってルートが決まるというのも、設定をうまくいかしてるなぁと思う。ただ、場合によってはあまりにも雑な物語だったりするのはどうかと思う。
 
 
 内容自体は想像以上に出来が良かったと言うか。思い出補正で悪い方に偏ってたというか。長いけど理由のある長さだし、挑戦的な要素も強かった。ヘタすると8より挑戦的なんじゃないだろうか。ただリメイクにあたって改悪点が多かった感じはする。あのシンボルエンカウントは論外。後でやったメガテン4もそうだけど、まだどういう敵か外見がわかるこれの方がマシだけど、でもああいう逃げられないような場所にいたりするシンボルとかは最悪すぎる。
 
 
 続きはよ! 物語の構造を設計した上で色々ギミックを揃える、最近のノベルゲームの作り方を踏襲して、それで新しいのを作ってるのはイイ。ただこれ3部作の2つ目の悪い点を最大限発揮してしまっているように思える。
 
真・女神転生IV
読了日:06月16日
評価3
 
 
  やってる間はまあまあ楽しめたけど、あとで考えると不満点ばっかりが思い浮かぶ作品。もったいないというか。シンボルエンカウントと、秀逸なゲームシステムであるプレスターンを大味なゲームバランスでぶち壊しにしたり、新規絵師がところどころひっどい状態の絵を書いてたり。どちらかと言うとこれはスタッフが悪いんだろうけど。
 どちらにせよ、4として出していいものではないと思う。終盤の展開の適当さとか、主人公たちの設定とか。もう少し色々できるだろうという部分が多いし、登場人物の扱いの雑さも気になる。
 ただ、メガテンらしさ自体はある程度残ってるし、バトルも部分部分はおもしろかったのでダメとは言わない。改善すべき点がありすぎるだけで。
 
 
 ベタ移植すぎて引くレベル。この頃のインデックスはお金が欲しかったようです。
 とはいえやっぱり良作なんですよねー。ゲーム自体は簡単だけど、あの時代にこのテーマを扱ってる事自体がすごい。先見の明ありすぎ。じわじわとキャラに愛着が湧いてくる感じはメガテン系ではめずらしいんじゃないかと。
 
 
 悪くはなかったけど「薄い」という印象がすごく強い。システム的な追加要素はどれもバランス崩壊しうるけど悪くないくらいのバランスだと思う。
 このゲームの問題はDLCだろうなぁ。メガテン4もそうだけど、稼ぎ系DLCはぶっちゃけ最悪。
 
 
 ねぷねぷ! ねぷねぷ!
 すっごい手抜きゲーなんだけど、案外良かった。でも手抜きゲーだよなぁ。
 
 
 エリー以来のアトリエ。結構苦労したけど、全体的にすごく新鮮で楽しめた。取っ付き易くはまりやすい、わかりやすいアトリエへの入門ゲーム。ちょいロード長いんだけど、このロードがあったからこそのメルルの爆速。
 結局プラチナトロフィー取れなかったんだけど、果てまで到達したし、2周して満足してメルルに移行。 
 
 
 文句なしに今年のベストに近い。ウォーキング・デッドにはまってたこともあって凄く良かった。願わくはもう少し人の多い場所でのステルスとかそういう世界観をより活かした舞台が欲しかった。あと、もう少し一つの勢力との戦いとかがあってもいいような気が。
 ぶっちゃけゾンビと戦うの辛かった。
 
 
 面白い試みだなぁと思うけど結構難しかった。途中で飽きが来たけど、1回が凄く短いので継続してプレイし、クリアできた。
 
 
 
 
  トトリのあとずーっとやってた。シナリオが可もなく不可もなしすぎて印象薄いんだけど、システムは完成形だしやりこみ要素も凄いし、とても楽しかった。
  新ロロナもいつかやりたいんだけどVITAはいろいろ詰まってるんだよなぁ。
  
 
 世界樹の迷宮というTRPGのリプレイとかんがえると文句は出ないと思う。世界樹の迷宮新作と考えるとクソゲーになりかねない。やっぱりキャラメイクに結構な魅力があったんだなぁという印象。
 世界樹1自体をやったことなかったので、新鮮に楽しめた。第5層はネタバレ食らってたので驚きはなかったけど、1は結構一発ネタだったんだなぁ。
  グリモアのシステムは嫌いじゃない。デモンゲイズの神器に似たものだけど、ハクスラ要素として機能してる。ただ、これ前提でゲームバランスを調整してるのはどうかと思った。
 
逆転裁判5
読了日:07月30日
評価3
 
 
 DLCが一番逆転裁判らしいってどういうことなんだろう。どう考えてもあのシナリオ削って最終話を2つに分けたんだろうなぁと感じずにはいられないぶつ切りの4話とか、ゲーム外の部分でケチが付いた印象。ただ、あの4の後としてはほぼ完璧に無難な出来だと思う。
 ただ少し簡単すぎたかな……あと調べること出来ないのは悪いとは言わないが良いわけがない。
 
 
 須田ゲー。以上。
 というのも適当すぎるか。killer7の感じを期待してたらロリポップチェーンソー感が強かったというか。まあ須田ゲーですわ。
 
 
パペッティア
読了日:09月07日
評価5
 
 もっと売れてくれ! 贔屓目に見てるけど、相当丁寧に作られてる。どう考えても売れないだろうとわかってたけれど、実際に売れないと悲しい。
 すごく出来がいいんです。やりこみ要素もギミックも光源処理も全部本気出して作りこんでる。マリオなんて目じゃないほどスクロールアクションゲームとしての出来が良い。レイマンなんて霞む程に丁寧に作られてる。
 シナリオが子供向けと思わせておいて大人向けすぎるのは最近多いからなんとも言えないけど、想像以上に大人向けでギャグ満載で面白い。後半食傷気味になるけど。
 ぜひ買ってください面白いですよ!
 
KILLZONE: MERCENARY
読了日:09月16日
評価5
 
 VITAでできるFPSっていうのがいいですね。結構FPSの中でも異端な気がする。いろんなマシンを駆使してステルスするの楽しすぎ。やりこみ要素も多めだし。
 
ヴァルハラナイツ3
読了日:09月16日
評価2
 
 これクリアしてない気がする……。ロードが尋常じゃなく長くて街を出て少し戦ったあたりで挫折したはず。GOLDでロード改善されてたら買うかなぁ。あのロード時間はロード頻度と相まって最悪になってる。
 
朧村正 (特典無し)
読了日:09月25日
評価5
 
 美しい。ゲームとしては爽快感のあるだけの普通のアクションゲーム。でも2Dの美麗さはヤバイ。これはドラクラにも言えることっていうかドラクラクリアしきれてないんだっけ。
 ドラクラについてもついでにいうと、ベルトスクロールアクションでやりこみ要素も多彩で声もいい感じでゲームブック風演出も最高で、とにかくたまらないゲームでした。
 
 
  はじめてのMMO。クリアまでほぼソロでやり続けましたが、物語結構おもしろかったし、世界を踏破していく感覚はなかなかにたまらない。もうちょっと世界が広くてもいいと思うけど、そうするともっと時間かかるだろうからこれくらいでよかったと思う。無料期間中にクリアできたし。復帰するとしたら大型バージョンアップ後かな。
 
 
 手抜きーーーーー! 話の展開が予想外の方向に行って何とも言えなかった。もっとキャラ深堀りしてくれても良かっただろうに。エンディングの分岐条件に関わると思ったら関わらなかった剣の抜き方とかも、とにかくいつもどおりの「もったいない」の多いゲームとしか思えなかった。結構キャラは好き。
 
 
 できはいいんだけど色々ともったいないところが多い。時系列バラバラにする意味が明確でなかったり、全体として結局幽霊とのバトルだったり。個別のシナリオ、ホームレスのシナリオとか秀逸なものが多いだけに、全体としての出来が残念でならない。おうちデートはしっかりセックスさせて終わらせてしまいました。エイデンで邪魔するのもなんかなぁと思って。
 
 
 もう不満点しか無いゲームです。理解させる気がないとしか思えないシナリオ、一本道と操作キャラの制限によって管理してたゲームバランスが崩壊し続け、適当なマップに加えあのエンディング。ちょっと論外ですね。FFにここまで低評価することはこれから先もないと思います。
 初っ端から登場人物たちに全く感情移入できないのが行けないんだと思います。
 
 
 ねぷねぷ! ねぷねぷでした! 初代やってなかったんでおもしろかった。無難ともいう。
 
AKIBA'S TRIP 2
読了日:11月10日
評価3
 
 1と比べると微妙すぎるシナリオ、はおいておくとして、アキバの町並みは良かった。ただもう少しシームレス移動にしてもいいんではないだろうか。これはこれでありだと思うが。
 いくつかのサブクエストが最悪すぎる。
 
ポケットモンスター X
読了日:11月14日
評価3
 
  はじめてのポケモン。やっぱ私にはあいませんです。タイプ別の強さ弱さがわからん。参入障壁高すぎるよなぁ。
 
 
  文句なし今年のベスト。アニメも最高でした。
 
 
  持ち直した感すごい。複雑な、理解させる気がなかった13-2のシナリオを、単純化してまとめて解決してくれるのは正直助かった。タイムマネジメントが前半おもしろかったけど、後半になるとサブクエストが殆ど発生しなくなって(達成してしまって)やることがあんまりなくなってしまうのは残念。タイムマネジメントをうまくやり過ぎるとやることなくなるって本末転倒な気がする。どちらかと言うと、タイムマネジメントしっかりやりきればやりきるほどクエストが増えていく感じが良かったと思う。ある程度どうでもいいのでもいいからクエストを提示してくれればやる気起きたのだが。
 
BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA
読了日:12月06日
評価4
 
  ストーリーモードのみ。なぜだろう、面白い! 結構話しの整合性がうまくいってて次が気になる終わり方とこの物語自体の完結がなされてたのはうまかった。解決はしてないんだろうけど。
 
 
 エロゲの皮を被った良ゲー。お仕置き推しの宣伝は完全に失敗だと思う。それぞれのキャラのシナリオがかなり丁寧な上深刻なので感情移入しやすい。前半ダンジョンの導入からのキャラ個別の事情、というの構成がうまかったのだと思う。バトルも凄く面白くて、ランダム性の中にあるパターンを導出して望み通りの提案をシてもらうようにするのが大事。
 
 
 
 Dエンドが音ゲーとかクソゲーとか言うのは理解できない。前半の1小節をお手本に後半の1小節を引くだけだろそんな難しくない。
 キャラは最高なんだけどいかんせんゲームでの掘り下げが足りなすぎて、資料集とか小説とか漫画で理解してねっていうのが見えて悲しい。とはいえエンディング以外は良かった。特にオクタとデカートが素晴らしすぎる。
powered by booklog