読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い林檎、硝子のスープ

読書・ゲームなどの感想を書いていくです

迷宮クロスブラッドインフィニティ:Lv15キャップなう

 迷宮クロスブラッドのPSV版やってます。古き良きwiz系ゲームと言う感じでデモンゲイズとは全く違った趣。これデモンゲイズ期待してると確実に挫折する。特に序盤、なかなかスキルを覚えないので、相当きつい。ただレベル7になってから世界が変わるので、それまではなんとか耐えてほしいものです。

 ただまあ、アイテムとかのUIは文句なしに最悪レベルですね。マウスカーソルがあるからこそなんとかなるUIだったようで、ボタン操作では使いづらいしショートカットできないしで最悪。特にふくろ→個人のものの移動や、アイテムの売却時などが辛い。更に地味ーないらいらが貯まる仕様で、やってて相当つらかった。特に序盤、バトルもあんまり面白くないしこれも面倒だしでかなり辛い。

 バトルも収集要素も文句無しの出来で、ダンジョンも結構構造しっかり作られてるのが多くて、雰囲気も抜群なので探索が楽しい楽しい。結構種類が多彩なので、とりあえずすべてマップ埋めするタイプの私にとっては最高ですね。世界樹4の小迷宮より広いし。というか世界樹はマップが正方形で限定されているという弊害があるんですね。このゲームやってて強く感じた。

 ストーリーは……まあ……別に期待してないし。キャラは悪くないんだけど続き物のサガでちょっとねー。でも雰囲気とかアイオンとかはPCゲーらしさがあって最高だと思う。世界観設定は悪くないがメインストーリーはよくも悪くもどうでもいいかな。

 全体的に、古臭さが致命的になっている点を除けば、基本的にすばらだと思う。UIは、もう諦めた。次に期待です。

 

 最初からインフィニティモードでやっているわけですが、案外なんとかなるもんですね。PTは以下。まだレベル10くらい。ダンジョンが開放されて探索してる最中。ブラッドサンプルは放置で。

 屋上はレベル6で倒し、愛音チャペルはレベル8くらいでいけた。全部のダンジョンを探せるとこ全て探索してると自然にレベルが上がっていき、いい武器防具が揃っていくのは良い感じのバランス。マッパーじゃないとちょっとレベル上げが必要で大変かもしれない。

 

PTコンセプトは「王道」で、「デモゲとは違うブラッド」を入れること。デモゲは「盾役を使わない」がコンセプトだったので、今回は盾役を使いつつ新しいブラッドで楽しもうという感じです。

 

一人目。王/暗。キャラ的には一番まともな気もするが、

バトルでは隠れプロヴィデンスで無双。隠れられなかったら普通に攻撃。レベルフリーコードをつけてるのでシンプルに強い、が、多分そろそろ下のやつに攻撃は譲る。

 

二人目。武/戦。

未だにサブブラッドのほうが微妙というか、イマイチ実感できないけど、ひまりちゃんが守備強くなったら攻めに転じる予定。斬り込みはデモゲよりも強く感じる。結構一列が多いゲームだからか。

 

三人目。射/召。シャイニング。キラキラ☆ネーム。

弓強いですまじ。契約はそこそこ使える。運あげたら結構連れ去り確率上がってきた。ただまあ、シンプルに攻撃したほうが強いし、攻撃の補助ができないのでいかんせん器用貧乏感は否めない。斬り込みさせるのが一番いいんだろうけど。

 

四人目。学/魔。

学は入れろという忠告のままに。召と学はデモゲにいなかったので入れてみたかった。で、たしかに必須だと感じる。コード識別についてもトラップ解除についても。あと意外に学術師のスペルは強かった。普通にバトルで役に立つ。

 

五人目。魔/聖。ショタ魔法使いでジェイソン。めっちゃ野太い声。PTの個性。

裏コンセプトとして、回復役はメインブラッドにしないつもりだった。とはいえデモゲと一緒で強いね聖は。今はまだたいしたことないけど多分クリア後猛威を発揮する魔もいるし。

 

結構ひどいPTだけど、バランスは考えた。難易度高いってみたし。