読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い林檎、硝子のスープ

読書・ゲームなどの感想を書いていくです

魔界探偵冥王星O ヴァイオリンのV,ウォーキングのW

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)


 冥王星Oの一つ目?二つ目?こっち後に読んだ方がいいのか?
 なんかとにかくジョジョっぽい。ていうかジョジョっぽい。なんかものすごくジョジョっぽい。ジョジョジョジョ。
 設定やら何やらは非常に王道的。人間楽器などの描写がかなり上手い。ただ、それ以外の部分が致命的に微妙なために何とも言えない。 ノンストップに攻撃的な文章が続くので読んでいてかなり疲れる。あと序盤のぐだぐだっぷりも何とかしてほしい。一人称なので主人公が結構くどいのも問題。もろThe Bookっぽいんだよねそういうのは。そう思うと許せてしまう不思議。
 全体を通して流れるなんとはなしな倦怠感が特に興味深い。実際つまんないんだけど、物語のぐだぐださに適した雰囲気の出し方はうまい。


魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)

魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)


 入間的な雰囲気のする小学生の「ぼく」の話が淡々としていて実に入間らしくてそれが冥王星Oの方のどことなく抜けた感じとうまくマッチして脱力系。いがいにいけるかもしれない。しかしお得意の狂った描写を淡々と描く書き方がやっぱり苦手。
 正直こっちは全く期待してなかったわけですよ。どうせ「ぼく」で電波だろうと。正直ここまでうまい具合に設定にはまってしまうとは思ってもいなかった。
 少年の方の話の独特さはまさに入間人間的。だけど嫌みのないいい感じに仕上がっている。正直びっくりした。ワルの性格の描写のうまさにみーまーの片鱗を感じたけれど、それ以外は上質の小学生もの。面白かった。
 トリックの方は構成的にそうだろうな、という方向になった、が、最後の真相まではわからなかった。構成はああなっていてミスリードもあるので結構うまいと思う。あとあの女の人の正体を明かさないのは読者の想像に任せる感じですごくいい(まあ恐らくあの人はあれなんだろう、というのはわかるけど、主人公もわかっていそうだけど)。トリックの詰めの甘さというか、一人称の都合のいいところをちょっと使ってしまったのが惜しまれる。切り抜きのとことか、あれは正直しょぼい。まあ完璧を求めるのは酷だろうけど、もう少し何とかなっただろうに。これじゃあねえ、後付け的だし。
 問題点。登場人物に全く感情移入できない。とくに「ぼく」の両親に関しては全く納得がいかない。いくら[ネタバレにつき伏]だとはいえあそこまでの殺意を抱くことは理解できないし、立ち位置も良くわからない。あんまり説明がないからこそいいんだ、と思えるほどには満足してないし。
 結構面白いので入間信者は読むといいかも。……これ入間とは思えないほどレベル高いんだけどほんとに入間なんだろうか、入間の顔をした違う作家なのかもしれない。そんな気がするくらい良かった。